ホームへもどりま〜す

挨拶
居宅介護支援事業とは
介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、ご本人・ご家族の希望等にそってケアプランを作成したり、さまざまな介護サービスが、公正中立に、総合的かつ効率的に提供されるよう、連絡・調整等を行う事業の事です。

【根拠となる運営基準】

居宅介護支援の運営基準第1条第1号:指定居宅介護支援の事業は、要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように配慮して行われるものでなければならない。

居宅介護支援の運営基準第1条第2号:指定居宅介護支援の事業は、利用者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、利用者の選択に基づき、適切な保健医療サービス及び福祉サービスが、多様な事業者から、総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して行われるものでなければならない。

居宅介護支援の運営基準第1条第3号:指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供に当たっては、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、利用者に提供される指定居宅サービス等が特定の種類又は特定の居宅サービス事業者に不当に偏することのないよう、公正中立に行われなければならない

居宅介護支援の運営基準第1条第4号:指定居宅介護支援事業者は、事業の運営に当たっては、市町村、介護保険法第115条の46第1項に規定する地域包括支援センター、 老人福祉法第20条の7の2に規定する老人介護支援センター、他の指定居宅介護支援事業者、指定介護予防支援事業者、介護保険施設等との連携に努めなければならない。

居宅介護支援事業に従事するケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護保険制度の要であり、重要な役割を担っております。当社ケアプランのイーライフでは、介護保険を利用される方々、介護にたずさわる方々が、日々の暮らしの中で、実りのある人生を送れる方法について、皆様と一緒に考えていきたいと思います。
それでは、介護サービス利用までの流れを順番に説明していきましょう。

要介護認定の申請をされていない方はこちらから
要介護認定を受けている方はこちらから


 申請について 要介護認定について ケアプランの作成について 介護サービスの利用について
 特定疾病について 介護保険各種申請書(東大和市役所ホームページ) 居宅介護支援について
ホームへもどりま〜す