熱中症って何?

熱中症とは?  暑い環境のもとで、体温の調節機能が破綻するなどして体内の水分や塩分などのバランスが崩れ発症する障害の総称です。人は環境によって体温が変動する魚やカエルなどの変温動物と違い、常に35〜37度に体温を調節している恒温動物です。私たちの身体は暑い環境下や運動、活動により体温が上がりますが、それを異常に上がりすぎないように制御する体温調節機能が備わっています。
 
暑い時にはたくさんの汗をかきます。皮膚から汗が蒸発するときに一緒に熱も奪われ体温を下げます。また自律神経を介し皮膚に多くの血液が集まるよう末梢血管を拡げて外気に熱を逃がし体温を下げます。このように汗によって身体から水分や塩分が失われたり、血液の分布が変化したりする状態に、私たちの身体が適切に対処できなくなった時、筋肉のひきつけや失神を起こし体温調節ができなくなった結果、体温が著しく上昇する。このような状態を熱中症といいます。

熱中症の症状
○めまい ○頭痛 ○筋肉痛 ○筋肉のひきつけや硬直 ○気分不快
○大量の発汗 ○吐気 ○嘔吐 ○倦怠感 ○虚脱感 ○失神   
○意識障害 ○けいれん ○手足の運動障害

熱中症を疑ったときは?
① 涼しい場所へ避難する
   風通しのよい日陰やクーラーの効いた室内へ         

 ② 衣服を脱ぎ、身体を冷やす
   衣服を脱がせたり、ゆるめたりし身体からの放熱を助ける
   皮膚に水をかけてうちわや扇風機で扇ぎ身体を冷やす
   氷枕や氷嚢があれば頸部、脇の下、ソケイ部に当てて冷やす

 ③ 水分、塩分を与える
   冷たい水やスポーツドリンクを少しずつ与える

  ※意識がはっきりしていない時は誤嚥する危険性があるので与えずに医療機関へ

 ④ 病院へ搬送する

※救急車を依頼するとしても到着前に1→2→3と早期に応急手当を行うことが重要です。


熱中症を防ぐには?
日常生活での予防法
1.暑さを避ける
屋外では日陰を歩く。屋外の活動時はテントやターフ(ひさし)を設置し日陰を作る

 エアコン使用時のポイント
○ 室温をチェックしこまめに適正温度に設定する。
○ 外気温と室温の差が大きいと身体に負担がかかるので冷やしすぎない。
○ 冷気が長時間直接身体に当たらないよう気流に注意する。冷気が下層に溜まってしまわないよう扇風機を併用する。
○ 気温が36度を超えるときに扇風機のみを使うと熱風を送ってしまうので逆効果になる。
○ 太陽光の輻射を避けるためすだれ、ブラインド、カーテンを活用する。
○ 湿度が高いと、汗が蒸発せず体温が下がりにくくなります。


エアコンはドライ(除湿)設定にしましょう。

2.服装のポイント
○ 皮膚の表面まで気流が届き、汗を吸収し服の表面から蒸発させるものが理想的。
○ 首まわり、袖口に適度なゆとりがあり、身体にぴったり密着しすぎない吸収性に富んだ物がよい。
○ 近年開発されている吸汗、速乾、涼感、ドライ素材を活用するのもいいでしょう。
○ 黒色系の服装は太陽光の下では輻射熱を吸収し熱くなるので避けます。
○ 帽子、日傘を使いましょう。
3.こまめに水分を補給する
「水分を摂りすぎると汗をかきすぎたり、バテてしまうのでよくない」というのは間違った考え方です。体温を下げるためには しっかり汗をかくことが重要なので水分が必要なのです。

こまめな水分補給、のどが渇く前、暑いところへ出る事前の水分補給が大切です。

※アルコールには利尿作用があり摂取した量より多くの水分を尿として排出してしまうの    で水分補給には適しません。

4.急に暑くなる日の注意
上手に発汗できるようになるには身体の慣れが必要ですから暑さに慣れるまでの間に熱中症にならないよう十分注意しましょう。
○ 暑くなり始め
○ 急に気温が上がる日
○ 熱帯夜の翌日
○ 久しぶりに 暑い環境で作業する日などは要注意です。
5.熱中症になりやすい身体のコンディションや条件
○ 睡眠不足
○ 疲労
○ 前の晩の深酒
○ 朝食抜き
○ 下痢
○ 発熱
○ 風邪
○ 高齢者や幼児、もともと涼しい環境で育った人
○ 心肺機能の弱い人
○ 自律神経や循環機能に影響を与える薬を服用している人など
以上、これからの楽しい夏に向けて備えたいものです。

参考資料:環境省 熱中症環境保健マニュアル