平成27年6月1日施行の道路交通法の改正により、自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定が整備されました。
いったいどういうことなんでしょうか。早速調べてみましょう。
ということで今回は  自転車のルール違反 どう厳しくなったの?


● 自転車運転者講習制度について

  一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません。
受講命令に従わなかった場合は5万円以下の罰金とされています。罰金5万円

自転車安全講習は 講習時間3時間 講習料5700円です。

※改正により、自転車運転者講習制度が新設されたのみであり、自転車の交通の方法や、これに違反した場合における罰則に関する規定は、一切変更されておりません。

● 自転車運転者講習の対象となる危険行為(道路交通法による)

道路交通法にいう「車両等」には「軽車両」が含まれ、「軽車両」の中には「自転車」が含まれる。
  
1. 信号無視(道路交通法第7条)
信号無視自転車の場合で車道を通行しているときは交通信号と、歩道通行しているときは歩行者用信号の2種類の信号に従わなければならない。交通信号が黄色の意味は黄色になった瞬間からその交差点に歩行者、自転車他、車両すべては進入してはいけない、赤は停止位置を超えて交差点に進行してはならない。また、人型信号の場合は、青の点滅が始まってからは道路の横断を始めてはならず、 赤色は道路を横断してはならないと定められており、これに違反した場合を指します。
  
2. 通行禁止違反(第8条第1項)
通行禁止違反自転車の場合、大きな立体交差道路のオーバーパスやアンダーパスで歩道が無い部分では自転車通行禁止の標識が設置されている場合があり、高速道路や自動車専用道路でも自転車通行禁止の標識が設置されていますが、その道路を通行した場合は違反になります。

3. 歩行者用道路での徐行義務違反(第9条)
徐行歩行者用道路とは歩行者天国などの車道を一時的に歩行者に開放している場所のことを言い、その場所で所轄警察署から通行を許可された自転車などの車両が通行する場合、「歩行者用道路では特に歩行者に注意して徐行しなければならない」と定められているので徐行しなかった場合は違反となることを指します。
「徐行」の定義 道路交通法第2条第20号では
「車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう。」 と定められています。

4. 通行区分違反(第17条第1項、第4項又は第6項)
交通区分違反第1項では車両は歩道と路側帯と車道の区別がある道路においては、車道を通行しなければならない。と定められていますので、自転車も車両ですから意味無く歩道を走ってはならず、第4項では 「車両は道路の中央部分から左側を通行しなければならない」と定められているので、道路の右側を逆走してはならず、第6項では路面電車の停車する駅部分や広い道路の横断歩道の中央部分で見られる外側の黄色線に沿って内側に白線で囲まれている「安全地帯」、黄色線で囲まれていて内側が白の斜線がゼブラ状に引かれている「立ち入り禁止部分」消防署の前に見られるゼブラ状の白線斜線を白線で囲んだ「停止禁止部分」に入ってはならない)と定められているので、これらに違反した場合を指します。

5. 路側帯での歩行者妨害(第17条の2第2項)
路側帯構造的に歩道が無い道路で歩行者が安全に通行出来るための部分を明示するため、車道の端に白線を引いて車道と区分している部分を「路側帯」といい、白線1本の場合は自転車も通行できますが、歩行者がいる場合には「歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない」と定められていますので、これに違反した場合を指します。

6. 遮断踏切立入り(第33条第2項)
遮断踏切立入り「車両は踏み切りの遮断機が下りようとしている、または下りているとき、あるいは警報機がなっている時は踏み切りに入ってはならない」と定められています、これに違反した場合を指します。

7. 交差点での優先車妨害(第36条)
交通整理がされていない交差点(信号の無い交差点)を直進する時は左から来る車両の進行が優先されると定められていますので、これに違反した場合を指します。ただし、交差する道路が進行する道路より広かったり、道路標識で優先道路と示されている場合や、その逆の場合は各々に応じた規制があります。

8. 交差点での右折時における優先車妨害(第37条)
7と同様に、交通整理がされていない交差点を右折する場合には軽車両は出来るだけ交差点の側端に沿って徐行して通行しなければなりませんので右折して進行方向が変われば7と同じ様に左側から来る車両が優先となるので、これに違反した場合を指します。

9. 環状交差点での安全進行義務違反(第37条の2)
環状交差点とはフランスの凱旋門付近にある信号のないロータリー状のような交差点をいい、日本では最近東京都多摩市や長野県飯田市で出来た交差点のことを言いますが、ここを通行する場合のルールとして進入する際は徐行することや、交差点を通行する際は他の車両の通行の邪魔をしたりしてはならないと定められており、これに違反した場合を指します。

10. 指定場所一時不停止(第43条)
指定場所一時不停止一時停止の標識または道路標示のある場所では停止線の直前で一時停止をしなければならない、と定められていますのでこれに違反した場合を指します。

11. 歩道通行での歩行者妨害(第63条の4第2項)
自転車が歩道を通行する場合、歩行者の通行を妨げてはならない、と定められており、ベルや声、音などで歩行者を立ち止まらせたり、どかしたりした場合、通行を妨げたことになりますので違反となることを指します。

12. ブレーキのない自転車運転(第63条の9第1項)
「自転車の運転者は、内閣府令で定める基準に適合する制動装置を備えていないため交通の危険を生じさせるおそれがある自転車を運転してはならない。」と定められており、内閣府令=道路交通法施行規則第9条の3で「前車輪と後車輪を制動する装置」と定められているので前後ともブレーキ装置が無いかどちらか片方だけのブレーキのみの自転車を運転してはならないことを指します

13. 酒酔い運転(第65条第1項、第117条の2第1号)
酒酔い運転第65条第1項では「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。」と定められていて、第117条の2第1号では第65条に違反した場合は100万円以下の罰金か5年以下の懲役(一定期間の使役を伴う拘束)に処せられることを指します。

14. 携帯電話を使用しながら事故を起こしたなどの安全運転義務違反(第70条)
「運転者の安全運転の義務」として「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。」と定められています。携帯電話の使用や傘差し運転は「ハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作」できないし、イヤホン・ヘッドホンの使用は周囲の音が遮断されてしまい道路、交通及び当該車両等の状況に応じることができず、脱げ易いサンダルや下駄は「その他の装置を確実に操作」できないので、違反行為となります。制限速度が示されていない道路での高速走行や、走行中の両手離し等の行為も、この条文の趣旨である「安全運転」を阻害する行為となり違反となることを指します。
 皆さん十分注意しましょう!!