第四回 誤嚥性肺炎と口腔ケア

誤嚥性肺炎とは?
 嚥下がうまくいかなくなり、飲食物や逆流した胃液等が誤って気管、肺に流れ込んでしまうことを誤嚥(ごえん)といいましたが、それが原因で起こる肺炎を誤嚥性肺炎といいます。

 気を付けなければいけないのは、飲食物を誤嚥して起こるだけではなく、口の中の細菌を唾液と一緒に気づかないうちに誤嚥して起こることが多い事です。

 はっきりとむせたりする症状がないので発見が遅れる事もあり、体力や抵抗力が落ちた時に起こりやすく、高齢者に多い肺炎と言われています。

誤嚥性肺炎の予防のポイント

口腔のはたらき
食べ物の摂取、咀嚼(そしゃく)、唾液による消化と嚥下
呼吸のための気道としての働き
味覚、しゃべるなどさまざまな働き
※口腔の働きが阻害されると身体への影響が大きいだけでなくQOL(暮らしの質)までもが影響されてしまいます。

口腔内の老化現象
歯磨き口の中も身体と同じく老化します。
歯を構成している成分がもろくなり、歯を失います。
歯肉が痩せ、口腔の粘膜、舌の粘膜がうすくなります。また、唾液の分泌量が減ります。

生まれたての赤ちゃんは口腔内に細菌がいませんが、その後すぐに細菌が移り、多数の常在菌と人生を共にすることとなります。

健康なときは細菌による影響は大きくありませんが、抵抗力が低下したり、老化により口腔内の環境が変わってくると、細菌にとっては住みやすい環境となり、細菌が増加してさまざまな悪影響を及ぼすことになります。

 誤嚥性肺炎はその悪影響の大きなひとつです。

口腔ケアの基本
 自分で洗面所にて歯磨き(歯ブラシによるブラッシング)をおこなえる場合は補助的に磨き残しをブラッシングしたり、歯間ブラシ、糸ようじ(デンタルフロス)できれいにする。
①洗面所へ行けない場合でもできるかぎり座位で、ベッド上で行なう場合も上半身を起こして行う。
②口をゆすぎ食べかすを除く。
 口をゆすいだり、うがいができない場合は水でぬらしたやわらかい歯ブラシやスポンジブラシを使うと良いでしょう。
③ブラッシング
奥歯から手前に、あまり力を入れず毛先が歯から離れないように小刻みに歯ブラシを動かしブラッシングする。歯垢のたまりやすい歯の付け根、噛み合わせの部分は念入りに行います。
練り歯磨きは泡で見えなくなるので使用しないほうがケアしやすいこともあります。
歯間ブラシ、糸ようじで歯と歯の間もきれいにします。
④舌の表面の舌苔(ぜったい:舌の表面に付着している白っぽい垢)をやわらかい歯ブラシや専用の舌ブラシで奥から手前にかき出します。
⑤仕上げ
口をゆすぐ、またはスポンジブラシで拭き清めます。
※注意点
・誤嚥しやすい方は、誤嚥に注意して行なうようにします。
・寝たきりの方は顔を横に向けて行います。
・麻痺のある方は麻痺側を上にします。
義歯(入れ歯・部分入れ歯)の取扱い
・義歯を使用している場合は、食べ物が口の中に残りやすいので毎食後にはずして洗い、口をゆすぐことが好ましいです。
・義歯は専用のブラシかやわらかい歯ブラシで、練り歯磨きは使用せず(磨耗を防ぐため)こすり洗いします。
・落とすと割れやすいので、水を張った洗面所や洗面器の上で洗うようにするとよいでしょう。
・義歯は水分を含むので、乾燥させると変形します。保管するときは専用の容器に水を入れてその中で保管します。
・臭いも吸収するので定期的に入れ歯洗浄剤に浸けておくと臭いの予防になります。
・ 一般的に夜間は、歯肉を休ませるため、義歯の誤嚥を防ぐため、細菌を繁殖させないために外して就寝する方が良いといわれています。

歯や口の事もかかりつけ医(歯科医)がいると相談にのってもらえます。
歯科医に出向くことが困難な場合は自宅に訪問してくれる訪問歯科診療もあります。