スマートフォン

 スマートフォンに替えたのは、昨年の8月である。それまでは俗にいうガラケーを愛用していた。特にこだわりがあったわけではない。あまり必要性を感じていなかったからである。インターネットやメールは自宅や事務所のパソコンを使えば良いと思っていたこともある。電車に乗っているとほとんどの人が下を向いてスマートフォンを見ている。あの光景には違和感を感じていた。逆に、他の事業所の方々との会議などの時に、ガラケーで話をしていると、「まだガラケーなの!」というような無言の視線は感じていた。
 最近では、ガラケーの機種が少なくなり、料金も割高感が強くなってきていた。連れ合いもスマートフォンにしていたので、やり方を教えてもらおうと思い買い替えた。

カワセミ十分使いこなせてはいないが、大分慣れてきた。dヘルスケアという有料アプリを購入時に勧められて使用している。毎日の歩数がわかり、必要な時は登録された医師に身体の事で相談できる。健康コラムや簡単なクイズが楽しめ、クリアするとポイントが貯まるので重宝している。歩くモチベーションにも繋がっている。歳を重ねると,どうしても健康志向になるようである。そのほかによく使うのは会社のグループラインと乗り換え案内、天気予報ぐらいである。自社のホームページを見るとスマートフォン仕様になっていないので、小さくて見辛い。これは何とかせねばと思い、スマートフォン対応のホームページの作り方の本を買いに行った。立川の高島屋にジュンク堂が入ったので何か面白い本がないかと探す時には出掛けている。わかりやすい本があったので購入した。もう20年前になるが、前の職場を退職した時に、失業保険をもらいながらホームページを作成する学校へ半年間ぐらい通っていた。自社を開業する時期に、2件ほどホームページ作成の仕事をしたことがある。しかし、この仕事を続けていたら身体を壊してしまうと思い、今のケアマネジャーの仕事をするようになった。

 そんな経緯があり、htmlというホームページを作る時の基本的なルールは学んでいた。しかし、20年も勉強していなかったので、とても新鮮であった。2週間ほど学習し、今年の3月10日にホームページをスマートフォン対応にリニューアルした。古い記事はまだ対応しきれていないが、徐々に対応していくのでご容赦願いたい。新たに、「ケアマネジャーという仕事」というページを作成した。ここには私だけではなく、他の二人のスタッフの考えも掲載している。試しに「ケアプランのイーライフ」とスマートフォンで検索していただくと、カワセミとアオサギのロゴがお迎えします。

アオサギインターネットへの接続の手段がほとんどスマートフォンになっている現在、生活に欠かすことのできないほど存在感を増していることに危機感を感じている。同時に仲良く付き合っていく必要があるなとも感じている。スマートフォンはあくまでも目的を達成するための手段であり、単なる道具であることを肝に命じておきたい今日この頃である。