メンテナンス

 1月4日仕事始めの日、パソコンのウイルスソフトの補償期間の延長作業をしていたら、不具合が発生した。早速サポートセンターへ連絡した。オペレーターは「サーバーがメンテナンス中のため、ご迷惑をおかけいたします」と適切に対応してくれた。しばらくして復帰し安堵した。

 仕事始めにメンテナンスってどういう事だと憤りを感じたが、通常、365日24時間対応しなければならないウイルスソフトの過酷な状況を考えると、メンテナンスって重要だよなと改めて認識した。そして、年の始めということもあり、自分自身の身体のメンテナンスについて考えてみた。
 
 若い時はあまり考えが及ばなかった。今まで大きな病気はなく、処方薬もないが、40歳を過ぎた頃から近くの物が見えなくなってきた。奥多摩町の出身なので、周りの緑ばかり見て育ったせいか、はたまた勉強をしなかったせいか、もともと視力が2.0なので、周りからは目の良い人は早く老眼になるのよと言われ、それを慰めにしている。50歳を過ぎた頃から肩関節や股関節の動きが悪くなってきているなぁと感じている。身体の縦の動きはそうでもないが、ひねったりする横の動きが苦手になってきている。ちょっとしたことで、腰が痛くなったりする。また、数年前からバネ指に悩まされている。レジで財布から小銭を出して払う時、老眼とバネ指で上手く小銭が出せず四苦八苦することがある。話がだんだん、身体の悪いところ自慢みたいになってきたようである。

 ここ数年は、自分の身体は自分でケアしてあげなければいけないぁと思うようになってきている。健康寿命を少しでも伸ばして、ピンピンコロリを迎えたいとひそかにねらっているからである。

 最近心がけているのは、朝起きたらまず歯を磨く。寝ている間に発生した雑菌を洗い流す意味で行っている。その後、階段を使って1階のポストまで新聞を取りに行く。自宅は10階なので、やり始めた当初は息が切れて大変であった。最近は大分慣れてきており、下りで膝が笑わなくなった。その後ストレッチを兼ねて簡単なヨガをプログラムに合わせて行う。起きがけなので、身体が硬いが、やった日とやらない日では、調子が大分違う。身体をやわらかくしておくと、いざという時に怪我をしづらいと思う。先日の雨の日、自転車で縁石を乗り上げてタイヤが滑ってしまったが、その時に足の踏ん張りが効いて、転ばないで済んだのには自分でもびっくりした。入浴は、知り合いにいただいた専用のタワシで身体を洗い、なるべく石鹸は使わないようにしている。新陳代謝が良くなったような気がする。

カワセミこれらの効果のせいか、昨年は風邪を引かなかった。その他に、疲れを感じたら、早寝をして、やらなければならない用事は早起きして行う。その方が効率的である。ストレスがたまってきたら、空堀川沿いを自転車で走る。カワセミ、アオサギ、カモ、モズなど、野鳥を観察しながら、川の流れに耳を澄ます。川の近くで育ったせいか、川を見ていると心が安らぐ。身体だけでなく、心のメンテナンスがとても重要である。

 今年も老いていく身体と向き合いながら、けんかをせずに仲良く付き合っていこうと思っている。さあ散歩にでも出かけるか!