空堀川

鴨の群れ 最近、新青梅街道の北側への訪問が楽しみである。なぜなら、帰りに空掘川に沿って自転車を走らせることができるからである。空掘川では、四季を通していろいろな野鳥を見ることができる。
 
 良く見かけるのは、鴨の群れである。色あざやかなマガモは見ていてとても楽しい。これからの季節は自然の緑とのコントラストが一層楽しめる。

 
コサギ サギも良く飛んでいるのを見かける。コサギの白くてスッとしたスタイルが凛としていてとてもかっこいい。たまに民家のフェンスにゴイサギがとまっていたりしてびっくりすることがある。野鳥の他にも、亀やカエルを見ることができる。写真に撮って、パソコンで拡大してみると耳の所が赤いミシシッピーアカミミガメという外来種だったりする。


ゴイサギ

 なかでも、カワセミに遭遇した時はとてもラッキーである。あざやかなコバルトブルーがたまらなくきれいである。初めて見た時は正直びっくりした。こんなにきれいな鳥がいるんだと思った。

 子どもの頃、道路でホルクスワーゲンのビートル(カブトムシ型)を見た時「今日ワーゲン見たよ!」と友達に自慢したのと同じような気持ちにさせてくれる。



カワセミ 今年の2月上旬の事である。いつもの様に訪問の帰りに自転車を走らせていた。高木橋の近くで写真を撮っている人が数人いた。何だと思い近寄ると、カワセミが魚をくわえ、枝にとまっていた。

 その魚が大きすぎたのか、繰り返し飲み込もうとするが飲み込めないという珍しい場面に遭遇した。何とか写真に撮ることができた。しばらくすると飛んでいってしまったが、とても面白い情景で、何か得をしたような気持ちになった。

 空堀川は野山北公園に源を発し、途中奈良橋川を合わせ、清瀬市中里で柳瀬川へ合流する、流域面積26.8平方キロメートル、河川延長15.0kmの一級河川である。現在、河川の整備が長期間にわたり行われている。人間と野鳥達がじょうずに共生できる環境整備がなされることを市民として切に望む。

これからも、空堀川でいろいろな発見があることに胸躍らせながら迎えた春の到来である。